本文へ移動
修正会のご案内
2021-02-25
謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
檀信徒の皆様には平素より当山の護持・運営にご協力賜り厚く御礼申し上げます。
昨年は新型コロナウイルス感染症が世界的に猛威を振るい、日本でも初めて緊急事態宣言が発令されるなど大変厳しい状況でした。未だ収束の兆しが見えず事態の長期化が予想されます。
江戸時代の有名な高僧で良寛和尚という方の辞世の句に「散る桜 残る桜も 散る桜」とあります。桜の花が必ず散るように命にも必ず終わりがあること、世の無常を心得ることのできるお歌だと受け止められます。無常とは切なさや悲しさだけを意味するわけではなく、「常で無い」ということ、物事が常に移ろい変わっていくことです。先の見えない状況ですが必ず終わりが来るということです。この難局を乗り切り、穏やかな日常の生活が一日も早く戻ることを祈念致します。

本年最初の念仏会は下記の日程で『修正会(しゅしょうえ)』を奉修致します。                 


◇日時  令和3年1月9日(土)午前10時より
TOPへ戻る